カテゴリー
未分類

株式投資の「投資スタイル」を決めましょう!

株式投資をする時は、投資のスタイルを決めておくといいでしょう。
投資をするスタイルを決めて、そのスタイルで投資を繰り返すことで、投資術に磨きがかかるためです。
自分のライフスタイルに合った投資スタイルを選びましょう。

デイトレードをしてみましょう!

1日の取引のみで利益を出そうとする、超短期型の投資スタイルが「デイトレード」です。
みなさんもデイトレードやデイトレーダーという言葉を聞いたことがあるかもしれません。デイトレーダーは、デイトレードをする投資家のことを言います。
日本の株式市場は朝9時から休憩をはさんで、午後3時まで開いています。
そのためデイトレードをする人は、朝9時から午後3時までに投資を終えることになります。

例えば、朝9時過ぎにAという銘柄を買った場合、午後3時までに売る必要があります。デイトレードをするメリットは、リスクを翌日まで持ち越さない点にあるからです。

もし購入した銘柄を保持した状態で市場が閉まると、次の日に市場が開くまで、株の売買をすることができません。
その間に、保持している銘柄の企業にアクシデントが起こったり、暗いニュースが流れると、株価が暴落してしまうかもしれません。

デイトレードをする場合、このようなリスクを負わなくて済みます。
市場が開いている間しか、株式を保有しないため、その銘柄にとって不都合なニュースが流れたら、すぐに売ることができるためです。

長期投資をしてみましょう!

株式投資のスタイルには「長期投資」があります。
長期投資は、その名の通り、長期間銘柄を保持する投資方法になります。
例えばBという銘柄を購入したら、その日のうちに売ったり、数日後に売ったりはしません。仮にBの株価が下がったとしても、基本的に損切をせずに、様子を見守ります。

「ずっと持ち続ける」というスタイルで株式投資をするため、デイトレードのように、パソコン画面に向き合い続ける必要がありません。

一度売買したら、長期間放置するため、副業としての株式投資にも向いているでしょう。長期投資をしていると、一時的に株価が下がったとしても、上がってくるまで待つことができます。

一時的に景気が悪くなるなどして、株価が下がったとしても、いずれ景気が良くなって株価が上がってくるでしょう。
結果的に損する可能性が低くなります。また長期間保持している間に、「配当」や「株主優待」で利益を手にすることができます。

余裕のある資金がある人は、長期投資にチャレンジしてみる選択肢もあります。